半身浴をするなら、お風呂にテレビが欲しい

お風呂の入り方として、半身浴の人気が高まっています。

半身浴とは、以下の3つを満たすような入浴法です。

  1. 腰程度までの水位
  2. ぬるいお湯
  3. 長時間つかる

世界中で人気の健康法です。

なぜ、これが健康にいいのでしょうか。 順番に説明します。

1.腰程度の水位

もし肩までお湯につかってしまうと、ものすごい水圧を受けます。 (一説には500kg以上の水圧)

お風呂に入ってリラックスどころか、ぐったり疲れることはないでしょうか。 肩までお風呂につかると負担が大きいのです。

心臓への負担も大きいため、内臓や血管に疾患を抱えている人は要注意です。高血圧の人も要注意。

また、病み上がりの人、高齢者にとってリスクが大きくなります。

入浴はけっこう危険な行為なんですね。 お風呂が寿命を縮めることになったら意味がありません。

その点、半身浴なら水圧を受けないので、体への負担がない状態であったまることができます。

(注意): 肩までお湯につからないので、上半身が冷えないようにする工夫が必要です。濡れてもいいシャツを羽織る人が多いようです。

冬は特に注意してください。蒸気でお風呂全体を温めておくことをオススメします。

2.ぬるま湯

熱いお湯は筋肉疲労には有効とされますが、神経には逆効果とされます。

ですから、お風呂に入ってリラックスしたいなら、熱いお湯はNGです。 ぬるま湯にした方が心身を休めることができます。

また、ぬるま湯にしないと長時間お湯につかっていることができません。

体の芯からあったまるためには、長時間お風呂に入っている必要があります。 ぬるま湯にしてこそ、体の芯から温まることができるのです。

(注意): むるま湯というのは「熱すぎないお湯」という意味です。体が温まる程度の温度は必要です。

3.長時間の入浴

長時間入ることで体は芯から温まり、心は完全にリラックスできます。

1と2は、心身に負担をかけずに長時間入浴するために必要だったのです。

半身浴のメリット

半身浴のメリットをまとめておきます。

  • 心身に負担をかけずに長時間入浴することで、体は芯から温まる。
  • 心は芯からリラックスできるので、ストレス発散の効果がある。
  • 発汗をうながすので、新陳代謝を促進して美容と健康に役立つ。(ペットボトルに水を入れておいて、 水分をとりながら半身浴してください

身体が芯から温まる入浴法が「半身浴」なんです。 「冷え」は万病の元なので、「冷え」対策に有効です。

これが本当の「冷えとり」の手引書
これが本当の「冷えとり」の手引書

こんな本もありますので、興味のある人は読んでてみください。

お風呂にテレビがあってこその半身浴

さて、ここからが本題です。

半身浴は20~30分程度が望ましいとされます。 (体を洗う時間は入っていませんので勘違いしないでください。お湯につかっている時間が20分以上です)

いざ、半身浴をしようと思っても、暇ではないでしょうか。

30分間ものあいだ、何もない壁にむかってボーっとしているのは、けっこう苦行です。

そこで、本を持ち込んだり、音楽を聴いたりする人が多いそうです。 本は水に濡れても大丈夫なように、紙質の良いファッション誌など。

しかしながら、本を読むとリラックスできない人が多いですし、音楽も毎日30分間ボーっと聞くと、やがて飽きてしまうでしょう。毎回、新しい本とか音楽を用意するのも大変です

一番ベストは映像ではないでしょうか。 テレビを観ながら半身浴というのが、楽しく続けられる秘訣だと思います。

好きなテレビ番組の時間に入浴すれば、30分なんてあっという間です。

ということで、半身浴をしたい人は、ぜひ当サイトを参考にして、お風呂テレビを試してください。

最終更新日:2016/10/05
公開日:2014/1/18

トップ