今さら聞けない地デジの疑問「ワンセグとフルセグの違い」

お風呂用のポータブルテレビを用意するときには、ワンセグにするかフルセグにするか迷うはずです。

ワンセグとは何か、フルセグとはどう違うのか、について簡単にご説明します。

ワンセグはモバイル用のテレビ放送

ワンセグもフルセグ(一般的な地デジ)も、どちらも地上デジタル放送です。テレビ映像のデータを電波で送っていることに違いはありません。

ただし、ワンセグはモバイル端末でテレビを観ることを想定したものです。

ワンセグはデータ量が少ない点に特徴があります。(=ごく小さな帯域を割り当てています)。
そのため、ワンセグの画質(解像度)はきわめて低いもので、画面も小さめです。

それにたいして、フルセグ(一般的な地デジ)は、みなさんがリビングでテレビを観ている放送です。
データ量は大きく、映像は綺麗です。

もうちょっと詳しく解説

地デジの電波は、周波数の帯域幅が13のセグメントに分かれています。
いくつのセグメントを使うかによって画質が変わってきます。

  • 1つだけのセグメントを使ったのがワンセグ。(低画質)
  • 標準の放送は4つのセグメントを使っています。(中画質)
  • フルセグ放送では12セグメントを使います。(高画質)

フルセグといっても一部の放送だけ

ワンセグにたいして、一般的な地デジを「フルセグ」を呼ぶことが多いです。

しかし、実際は、フルセグ(12セグメントを帯域を使った高画質放送)はごく一部だけ。 サッカー日本代表の試合のようなスポーツ放送などに限られます。

ニュースとかバラエティなど、ほとんどの放送は4セグメントを使った標準の地デジ放送です。

ただし、ワンセグにたいして「フルセグ」という呼称が一般的になってしまったので、「一般的な地デジ」と呼ばずに「フルセグ」と呼ぶようになってしまいました。

携帯電話の機能説明で、「この携帯はワンセグ対応」「このスマホはフルセグ対応」なんて解説されているので、「フルセグ」の呼称が普及したのでしょう。

肝心の放送内容は?

ワンセグであってもフルセグであっても、放送されている番組に違いはありません。 普通の地デジで放送されている番組がワンセグ用にも使われています。

ワンセグ用に別の放送を流すことも可能ですが、 現在はそうなっていません。

放送局にとっては、視聴者の少ないワンセグのために別番組を用意するメリットはないですね。

お風呂でテレビを見るならどっちがベスト?

どちらもポータブルのテレビが販売されていて、外観はあまり変わりません。

ただし、標準の地デジなら少し大きめの画面(タブレット大)の機種もあります。

・ワンセグテレビのメリットとデメリット
標準の地デジより価格が安い。
画質は悪い。

・フルセグのメリットとデメリット
ワンセグより価格は高い。
画質は良いし、画面も大きめ。

お風呂で見るだけなので、画質が悪くてもいい。
そんな人は、価格が安くて手ごろなワンセグがおすすめ。

せっかくなら綺麗な画質で見たい。少し値段がはっても大丈夫。
そんな人には標準の地デジがおすすめ。

最終更新日:2016/10/05
公開日:2014/1/24

トップ